【11】リノベーションのイメージを固める

購入するお家をどういう風にリノベーションしたいのか、最初は自分達でもよくわかりませんでした。

「〇〇な家!」と言語化するのは本当に難しいことなので、まず「こんな感じ!」というイメージを固めからはじめました。

ここでいうイメージとは、具体的に「こんなリノベーションがしたい!」という理想像のことです。

「コンクリート打ちっ放しで、無垢板のフローリングっぽいのがいい」とかは、部材や壁の処理方法の話で、すでに言語化できています。そして、言語化できると人に伝えることができるようになります。

同じように、「私たちが建てたいのは〇〇です!」と伝えられるように、言語化できれば良いのですが、一言では難しいので、写真や画像などを活用して、イメージを固めます。
ついでに理想の家に近いイメージを関係者に共有も出来るので、リノベーションの目標や着地点を共有することができるのです。

 

Pintarest(ピンタレスト)を使おう!

イメージを固めるためにも、固まったイメージを共有するために、僕たちはピンタレストを使いました。Google検索でも良いのですが、ピンタレストを使うのがオススメです。

Google検索とは違い、フォトジェニックなキレイな写真しか掲載されていないので、イメージを膨らませるのにも塩梅がいいですし、探しているうちに具体的なイメージが固まってきます。

<Google検索結果:フローリング>

<ピンタレスト検索:フローリング>

Google検索とピンタレスト検索で「フローリング」で検索してみました。
ピンタレストの方が「こんな感じが好き!」と伝えやすいか、「こんな家に住みたい!」というイメージを膨らませやすそうかわかってもらえると思います。

 

夫婦でイメージをすり合わせる(図面/ディテール)

物件の間取り図をもらって、自分達の理想の間取りや、ディテールを考えていきます。

設計士さんや、担当者の与那覇さんに「自分達が目指す家のエッセンス」を伝えるために、夫婦二人で新居について、具体的な間取りや、部屋の窓やドア、フローリングの色などの細かいところまで話し合って決めていきました。

あくまで理想や好みを伝えるための、大枠としての理想像なので、デザインや部屋の動線などは成立させる必要はありませんが、二人の納得感は同じにしておく必要はあると思います。

この時に大事なのがお互いの理想や、好みを持ち合ってすり合わせるコトです。
「夫はシンプルが好きなのに、妻はアールデコが好き」とかだと落とし所を見つけるのが大変です…。ある意味妥協点を探す作業になると思います。

我が家の場合は、まずお互いがピンタレストで収集した写真を全て印刷しつつ、お互いの意見をガンガン言い合いました。笑

平日の夜、仕事から帰ってきた後に「今日はキッチン、明日は寝室、明後日は洗面台!」というように、毎日楽しみながら少しずつイメージを膨らましていきました。

DSC02515

DSC02516
妻のモモコはデザイナーでお絵描きが好きなので、こんな感じでスケッチなんかを書きながら考えていきました。とても楽しい作業です。

この時点では、お互いの趣味思考、やってみたいことをとにかく出すことが大事です。やってみてわかったことは、僕たちは好きなものが似てるけど、ちょっと違うということ。

そのため、お互いが好きなものを全部実現しようとすると、ちょっとチグハグな空間になりそうだな〜というのが、わかりました。笑

このことは、与那覇さんに相談してみよう!ということでまとまりました。

 

ちなみに!

私たちがお世話になった、リノベーション仲介業者のリビタさんにお問い合わせや、ご相談に行く際は、「てとてとからのご紹介です!」とお伝えいただけると、とっても良いことがあります^^「てとてとブログを読んで来ました!」でも良いです。

そしてLINE@やメールで、ご一報いただけると嬉しいです。リノベーション仲間になりましょう!

-------------------------------------------------
最新情報が届くLINE@
友達追加をお願いします!

友だち追加

2016-05-21 | Posted in リノベーションNo Comments » 
関連記事
Comment





Comment