【観葉植物】コウモリラン(ビカクシダ)について

どーも僕です。

我が家のマスコット。猫の花火とコウモリランの御主。

美猫の花火さま

桃子と御主の対比

今回は、コウモリラン(ビカクシダ)についてまとめてみたいと思います。

 

コウモリラン(ビカクシダ)とは

“コウモリラン”という名前を聞くと「蘭」の仲間と思いそうですが、和名はビカクシダ。漢字で書くと「麋角羊歯」。実は「シダ」の仲間なんです。

出典:P. ridleyi

学術的には「ウラボシ科・ビカクシダ属」に分類される植物で、他の木や岩石などにくっついて生活する「着生植物」です。一般的にはコウモリランの名前で流通していますが、学名では「プラティケリウム(platycerium)」といいます。

ユニークなフォルムと独特の存在感で、インテリアプランツとして人気があるコウモリラン。一個あるだけでお部屋がおしゃれになります。見た目は、すこし不気味な形をしていますが、見ているうちにどこか可愛らしく、そしてかっこ良くと思えてくる不思議な魅力をもっています。

我が家では壁掛けにして楽しんでいます。こいつがあるだけで、お部屋がかっこよくなります。

 

コウモリランの生息地

コウモリランは東南アジア、太平洋諸島、オーストラリア、南アメリカ、アフリカやマダガスカルなどの熱帯地域に幅広く分布し、原種は18種存在しているといわれています。

 

コウモリランの自生地は、雨季と乾季がハッキリと分かれています。雨季は雨が多く、乾季は雨が何日も降らず、気温がかなり上昇します。そんな状態が交互にやってくるという過酷な環境下を生き抜くために、コウモリランは独自の進化を遂げていきました。なので、こんな不思議な形をしているんですね。

 

コウモリランの構造

コウモリランの葉は「胞子葉」と、「貯水葉」の2種に分かれており、それぞれの葉には別々の大切な役割があります。

 

胞子葉

上の写真のように葉の裏側には胞子を付けるので「胞子葉」と呼ばれます。鹿角羊歯の名前の由来にもなっている葉っぱはこの部分で、鹿の角のような形に大きく成長します。

大きくなると、写真のように葉の裏側に胞子を抱えるようになります。この胞子を播くことで増えていきます。なので繁殖葉とも言われています。

また品種によりますが、葉の表面が銀色っぽく見える白い毛で覆われます。この毛は「星状毛」と呼ばれ、原産地での強力な日光を反射し、葉を守る役目と、水分の蒸散を防ぎ、害虫から葉を守る役目を果たしています。顕微鏡で覗くと星型に見えることから「星状毛」と言うそうです。

ちなみに妻の桃子は、この「星状毛」をホコリと勘違いして、綺麗に拭き取って枯らしたことがあります。(笑)

 

貯水葉

貯水葉にも星状毛が存在します。拭き取らないようにしてくださいね。

株元に新しい葉が出るたびに、自身を覆って成長していきます。また貯水葉は上の写真のように、茶色く枯れたようになりますが、水分や養分を蓄えるスポンジのような役割を果たしているので、枯れたからといって取り除かないようにしましょう。

この貯水葉が何枚重なっているかが成長の目安です。「貯水葉何枚目?」とか聞いてる人がいれば、その人はほぼ間違いなくコウモリラン愛好家です。

また貯水葉は自身を木に着生させる支えになるという大切な役割も果たしているそうです。多くの種類では、この貯水葉の上部が手の平を上に広げたように広がっています。これは上から落ちてくる落ち葉や虫の死がい、鳥の糞などを集めるため。集めたものは自身に寄生する細菌により分解され、株の養分として吸収できる仕組みになっています。自らの枯れた貯水葉も、細菌によって分解され、自身の養分に変えてしまうというから驚きです。

貯水葉は過酷な環境下で生きぬくために、独自の進化をしてきたコウモリランだけが持つ、特殊な葉の形態であり、かっこよさの元になっている気がします。

 

コウモリランが元気に育つ日当たり

シダの仲間ということで、日陰をイメージしがちですが、実はコウモリランは疎林(まばらに木が生えた林のこと)にしか分布しないと言われているので、明るい環境が最適です。夏の直射日光はNGですが、秋や春には屋外に出して日に当てるとグングンせいちょうします。ついでに葉が厚くなり、強くガッチリした株になるそうです。

屋内で育てる場合は、蛍光灯ではなくLEDがおすすめです。LEDの光は光合成に向いているらしいです。それに電気代はわずかなので精神衛生上もよろしいかと思います。

 

コウモリランが元気に育つ水やり

コウモリランを枯らしてしまう一番の原因とされているのが「水やり」です。コウモリランは2~3日水やりを忘れたぐらいで枯れることはありません。野生のコウモリランの育つ環境では、乾季があるくらいなので乾燥には強いようです。

水やりのポイントは3つ。このポイントを抑えると元気に成長してくれます。

  1. 水ゴケや土壌が乾くまで水を与えない。(乾くと鉢や株がめっちゃ軽くなります)
  2.  貯水葉の中にまでしっかり水が行きわたるようにする工夫する
  3. 1ヶ月に一回くらいは液体肥料入りの水をあげる

バケツにいっぱい水を張って、ドブンと浸けます。5分くらい放置しておけば、水苔や土壌がしっかり水を吸ってくれます。

着生させている板や、貯水葉の大きさにもよって乾燥するスピードは違いますが、水がなくなると軽くなるのでわかると思います。また、1ヶ月に一回くらいはかなり薄めに液体肥料を希釈したお水に浸けてあげると元気に育ちます。

 

コウモリランが元気に育つ温度

コウモリランは寒さに弱いです。なので冬場でも10℃を保てる環境が望ましく、種類のもよりますが、最低でも5℃以上の環境を保ってあげないと枯れちゃいます。

冬場は暖かい部屋、リビングルームなどに置くことをお勧めします。

ちなみに、 暑さに関しては何℃以上あるとダメということはありません。高温を好みますので、暑い時期は風通しの良い場所で管理してあげると良いでしょう。

育てたくなってきちゃいましたよね。

一口にコウモリランといっても、実は18種もあるので自分好みのコウモリランを見つけるのも醍醐味です。

原種と呼ばれるものは18種確認されていて、最近のブームに乗ってハイブリッド種などの交配も行われているので、年々種類は増えているようです。

18種類の原種と、特徴をまとめてみました。

 

1. プラティケリウム・リドレイ(P. ridleyi)

出典:P. ridleyi

キングオブコウモリラン。コウモリランの中でも人気№1を誇るリドレイさん。シワシワ模様の貯水葉が特徴的で「キャベツ」って言われたりします。

比較的育てやすいらしいですが…、高いんですよねー。

 

2. プラティケリウム・ウィリンキー (P. willinckii)

出典:P.willinckii

貯水葉を下に伸ばし葉が細いのが特徴的で、星状毛がびっしり生えているので、見る角度によっては銀白色に見えるとても綺麗な種です。

乾燥にも寒さにも強く繁殖力も強い為、育てやすい種と言えるでしょう。

 

3. プラティケリウム・アンディナム(P. andinum)

出典:P. andinum

南米の高地に分布しているため、日本の冬の寒さにも比較的対応できるそうです。大きさは最大で2m程度まで成長するので、育てる場所選びそう。胞子葉が根元で大きく2つに分かれ、下に垂れ下がるのが特徴的です。

 

4. プラティケリウム・ビフルカツム (P. bifurcatum)

我が家の御主はこの品種。

コウモリランの中でも最もポピュラーな品種。園芸店やおしゃれな花屋さんで売られているコウモリランはこのビフルカツムが多いです。寒さ・暑さにも強く、環境能力にも優れている為、管理は容易です。屋内でも元気に育ってくれますし、越冬も比較的よっぽど寒くない限り楽勝です。

 

 

5. プラティケリウム・アルシコルネ (P. alcicorne)

出典:P. alcicorne

一見、ビフルカツムによく似ています。

違いは、貯水葉は丸くふちの部分に切れ込みがないのと、胞子葉はアルシコルネのほうが、幅が狭く切れ込みがシャープな印象です。

寒さには比較的強いらしいですが、10℃以下にならないほうが無難です。

 

6. プラティケリウム・エリシー(P. ellisii)

出典:P. ellisii

高温多湿を好み、寒さに弱い種です。他の種に比べて、胞子葉の色が濃い緑なのが特徴です。

 

7. プラティケリウム・ステマリア(P. stemaria)

出典:P. stemaria

エリシーと似ていますが、ステマリアは胞子葉が先端で二股に分かれています。こいつも高温多湿好きなので、寒さが苦手です。

 

8. プラティケリウム・グランデ(P. grande)

「森の王冠」ともいわれるグランデ。数年前まで希少種でしたが、最近目にする機会も増えた気がします。

この種は大型のコウモリランで、どデカイ貯水葉と、迫力のある胞子葉が特徴的です。寒さにはある程度耐性があり比較的育てやすい種です。

 

9. プラティケリウム・エレファントティス(P. elephantotis)

特徴は胞子葉でその形が象の耳に似ていることが名前の由来です。コウモリランの中でもあまり耐寒性がないので、やや栽培が難しい部類に入ります。

 

 

10. プラティケリウム・クアドリディコトマム(P. quadridichotomum)

クアド=4っていう意味です。胞子葉が2回切れ込みが入り、4つになることが名前の由来であり、こいつの特徴です。

 

11. プラティケリウム・スペルブム(P. superbum)

スペルブムとは「気高い・上品」という意味。スパーバムって呼ばれたりもするそうです。大きく王冠のような貯水葉。ドレスのような胞子葉。上品って意味がわかる気がします。

スペルブムは日本の寒さ、暑さにも強くコウモリランの中でも育てやすいです。あまり見かけませんが、見つけたら買ってみたい種です。

 

12. プラティケリウム・マダガスカリエンセ(P. madagascariense)

貯水葉に入る格子のような模様が特徴的。通称「緑の脳みそ」。この模様がマダガスカリエンセの最大の魅力。水が大好きで常に湿らせる状態を保って管理する必要があり、飼育難度は最高難度!素人は絶対に枯らします。

上手く育てるには、温室が必須です…。

 

13. プラティケリウム・ワリチー (P. wallichii)

平たく大きな胞子葉と、白っぽい葉脈が特徴です。コウモリランの中で成長期と休眠期がハッキリしていて、冬場は休眠期です。この時の管理をしっかりしないと枯れてします。

 

14. プラティケリウム・コロナリウム (P. coronarium)

コロナリウムとは「王冠をまとった」という意味。

貯水葉が王冠の形に似ていることが由来らしいのですが、多くの種でそんな感じの形をしている気がしますが…。また、貯水葉も個性的ですが、胞子葉も特徴的で切れ込みが多くウェーブしながら、下へ垂れ下がっています。

 

15. プラティケリウム・ワンダエ (P. wandae)

コウモリランの女王と呼ばれています。ゴージャスな貯水葉とドレスのような胞子葉が特徴的で、嬢王の名にふさわしいビジュアルです。

あまり見かけない種ですが、誰もが一度は飼ってみたい種です。

 

16. プラティケリウム・ヒリー(P. hillii)

アルシコルネに引き続き、こいつもビフルカツムに非常に似ています。違いは貯水葉の切れ込みが浅いことと、胞子葉が幅広でそれほど長くならないことがビフルカツムとの違いですね。管理はビルフカツム同様で、結構簡単に育てることができます。

 

17. プラティケリウム・ビーチー (P. veitchii)

出典: P. veitchii

ビーチーの特徴は深く細い切れ込みの入った胞子葉です。さらに星状毛が密生しているので葉の色が綺麗な銀色をしているのも印象的。

 

18. プラティケリウム・ホルタミー(P. holttumii)

出典:P.holttumii

高温多湿を好む大型の種です。胞子葉と貯水葉に張りがあるのが特徴で、太めの葉脈が綺麗です。色も綺麗な緑色をしていて、僕の憧れの品種でもあります。

 

-------------------------------------------------
最新情報が届くLINE@
友達追加をお願いします!

友だち追加

2017-05-05 | Posted in その他No Comments » 
関連記事
Comment





Comment